MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

【真実】IT業界はブラック企業だらけってよく聞くけどホント?【SE/PG】

こんにちは。

仕事でシステムエンジニアをしているそらいろです。

IT業界は3Kだから止めといた方がいいとかよく聞きますよね。

3Kについては「きつい」「きびしい」「帰れない」とか「きつい」「帰れない」「給料が安い」とか様々なバリエーションがあるのですが、総じてマイナスのイメージを集めた用語になります。

昔から言われているIT業界はブラック企業しかないという噂について、お話したいと思います。

目次

よく聞く噂について

まずはよく聞く噂について意見を言いたいと思います。

毎日遅くまで残業しているイメージだけどホント?

さすがに毎日何時間も残業することはない。

終電近い残業が何日か続くことは時々あります。

それでも年に1、2回あるかどうかという感じですね。

月の平均的な残業時間は20~30時間ほどではないかと思います。

 

ちなみに私は今年の1月から7月までで15時間しか残業してませんでした。

月換算で2時間ほどです。(今年はまだ炎上していないというのもありますが、、、)

去年は年間200時間ほどだったのですが、それでも月換算で17時間ほどです。

学生の方たちからしたら年間200時間は大きく見えるかもしれませんが、基本的にどの業界でもこんな感じかと思います。

 

残業が多くなる傾向としては、納期が迫ってきた時です。

大工さんとかとは違って夜中でも誰にも迷惑かけずに開発ができるので、必然と残業で作業の遅れを取り戻そうとします。

この辺になると終わったら帰れるという感じです。

35歳定年説はホント?

35歳以上も全然います。

正確には「プログラマー35歳定年説」ですね。

IT業界はシステムエンジニアとプログラマーという役職が登場します。

お客様の要望を叶えるためにどうするか考えるのがシステムエンジニアで、実際に作るのがプログラマーです。

 

会社としては、言われたものを作るプログラマーから提案できるシステムエンジニアにステップアップしてもらいたいと思っています。

その区切りの年齢を35歳に置いているというイメージです。

 

ただ、プログラマーからのステップアップ先として代表的なのがシステムエンジニアというだけで他にも選択肢はあります。

あまり意識しすぎてもしょうがないかなと思います。

客先常駐は良くないって聞いたけどホント?

安月給でよく分からない作業して終わりです。

もしかしたら優良案件が回ってくるかもしれませんが、あえて客先常駐を選択するメリットはないと思います。

デメリットを記述すると「給料が上がらない」「スキルが上がらない」「将来性がない」「そもそもプログラマーの仕事ですらない」等々あげればきりがないかなと思います。

ゲームの開発のつもりでいったらテスターだったとかよく聞く話です。

プログラマーになりたいわけではなく、派遣労働で簡単にお金がもらえればいいかなという方は選んでもいいですが、そしたらそれで別の選択肢もあるのかなと思います。

IT業界に入ったらずっと勉強することになるってホント?

ならない。でも知りたいことは増えていく。

最新の技術を追い求めていないといけないようなイメージがあるかと思いますが、決してそうではなかったりします。

会社自体が保守的なことが多く、新しい技術が出るたびに挑戦できる環境が整っているという会社はそう多くないです。

もちろんトレンドを押さえていくのは大切なことなので、たまに情報収集をするぐらいはやりますが。

 

ただちょっとプログラミングができるようになってくると、あっちこっち知りたいことが増えていきます。

私の場合は、仕事で全く使用しないAndroidアプリの開発をやってみたくなって独学しました。

好きな人はハマっていって、結果的に勉強し続けてるかもしれないです。

私のブラックだなと思ったとき

バグの多いシステムを保守していた時

以前いた会社は保守チームなどなく作った人が管理するという体制で、たまたま上司が作った業務アプリケーションを一緒に管理するようになりました。

このシステムが時間を問わずエラーを吐き出します。

※あくまで私は開発側の人間なので3交代制などなく9時~18時の勤務体系でした。

 

ケース①:夜中に日次処理(毎日その日の終わりに集計計算を行う自動処理)が走り、システムが停止する。

夜中のうちに日次回さないといけないのはわかるけど、これは保守チーム必要じゃない?

 

ケース②:いつバグが発生してもいいように休日はノートパソコンを持って外出する。

このためにノートパソコンとWifiを支給されました。

 

こんな会社はそう多くないはずなので安心してください。

ちゃんと運用チームのいる会社を選びましょう。

残業時間が月100時間を超えたとき

100時間超えたのはまだ人生で二回だけです。

俗にいうプロジェクトの炎上ですね。

やってもやっても終わらないので、この時は平日だけじゃ仕事を終えられずに休日出勤して作業してました。

休日のメリットは差し込みで入ってくる仕事がほとんどないので快適に作業ができることです。

当時は楽しみながらやってましたが今はやりたくないですね。

最近は残業の規制が強くなったので、100時間も働かせる会社はほぼないです。

出退勤をいじるような違法な会社もあるようですが、それはITに限った話ではないのかなと思います。

結論

結論、世間で言われているほどブラックではない。

この業界で働いていてもそこまで酷い待遇を受けている人にはなかなか会いません。

まれに「毎日終電で帰ることが数年続いています。」なんて言う人もいますが、今まで働いてきて1人か2人ぐらいですね。

パソコン好きなら面白い世界だと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる