MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

SWELLで「この記事は何分で読めます」を作成する方法。ショートコードで使いやすくしてます。

この記事は約3分で読めます。
本文は約2016文字です。

「この記事は何分で読めます」っていうやつやってみたい!

あれがあると親切だよね。
じゃあSWELLのデザイン性を生かしたやり方で作ってみよう。

今回は「この記事は何分で読めます。」をSWELLで作成していこうと思います。

ついでに本文のテキスト量も出せるようにしていくので、結構使えるものに仕上がってます。

イメージはこの記事の上の方(アイキャッチ画像の下)にも出ています。

ブロックエディタでデザインを変更できるような作りになるので、SWELLの美しいデザインで「この記事は何分で読めます。」が作れます。

それでは、やっていきましょう。

コードを利用する際の注意事項

当ブログのコードを利用して起こる不具合については対応できませんのでご了承ください。
本記事の内容を参考にブログ等で情報発信をする場合には、下記のルールを確認頂きたいと思います。

目次

この記事は何分で読めます。の作成方法

STEP
function.phpにコードを追加する。
//この記事は 分で読めます。
function func_readtime($args){
	if ( ! isset($args["permin"]) || ! is_numeric($args["permin"])) return '';
	return strval(round(mb_strlen(strip_tags(get_the_content())) / $args["permin"]));
}
add_shortcode('readtime','func_readtime');

//この記事は何文字です。
function func_readcontent(){
	return strval(mb_strlen(strip_tags(get_the_content())));
}
add_shortcode('readcontent','func_readcontent');

2種類のコードを追加しています。

1~6行目で「この記事は何分で読めます。」の何分の部分を取るショートコードを作成しています。

8~12行目で記事の文字数を取るショートコードを作成しています。

いらない方は削除して頂いて問題ないです。

STEP
ブログパーツを作成する。
read_content_time

ブログパーツで「この記事は何分で読めます。」の表示部分を作っていきます。

ブロックエディタが使えるので、自由にデザインを作って頂けます。

※作成したショートコードの使用方法は後述しています。

僕はあまりデザインセンスないので、いいデザインが作れたら教えてください。
参考にします。笑

STEP
作ったブログパーツを使用する。
blogparts_create

作ったブログパーツに「呼び出しコード」が設定されますので、このコードを好きなところに貼り付けてください

記事上部のウィジェットに貼り付ければ全記事のアイキャッチ下に表示させることが可能です。

call_blogparts

ショートコードの説明

[readtime]ショートコード

[readtime permin=600]のように使用します。

600の部分が1分間に読める文字数になりますので、好みの文字数を設定することが可能です。(整数でご指定ください。

日本人が1分間に読める平均的な文字数が400~600と言われています。600だと少し早めの感覚になります。

計算式は、記事の文字数/1分間に読める文字数になっています。

端数は四捨五入するようになっています。(3.4分の場合は3分、3.5分の場合は4分になります。)

[readcontent]ショートコード

[readcontent]のように使用します。

記事の文字数を取得するようになっています。

投稿画面で見える文字数と少々ずれがある場合があります。
[readcontent]でとれる文字数は純粋な本文の文字数になります。(目次などは文字数に入っていなかったと思います。)

まとめ

今回は「この記事は何分で読めます。」をSWELLで表示する方法でした。

CSSで設定する方法は結構見つかるのですが、せっかくSWELLを使用するなら簡単に素敵なデザインが作れるブロックエディタを使用した方が良いと思っています。

例えば吹き出しで使うとまた雰囲気が変わりますよね。

この記事は約5分で読めるよ!
文字数は2016文字だよ!

個性が出せると思いますので是非作ってみてください。

過去に書いた記事も参考になると思うので、紹介しておきます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる