MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

セミリタイヤを目指すなら結局持ち家は最強かもしれない話

こんにちは、セミリタイヤを目指すIT戦士のそらいろです。

セミリタイヤするとした際に「持ち家」がいいのか「賃貸」がいいのか、ここは意見が分かれるところです。

僕も気になったのでいろいろ調べてみたのですが、結局のところその人の状況によるという回答になっているものがほとんどでした。

まあそうだよね。という感じなのですが、僕なりに結論を出しました。

タイトルにもある通り、セミリタイヤするなら「持ち家」をお勧めします!

それも一戸建てをお勧めしたいと思います。

ということで本題の方に入っていきたいと思います。

目次

セミリタイヤなら持ち家が最強

セミリタイヤなら持ち家が最強です。

もちろんローンの支払いを終えている前提の話になります。

月々の居住費が発生しないので、セミリタイヤ後の生活にゆとりが生まれます。

それでもいろいろ難癖を付けれる部分はあると思うので僕の見解を話していきます。

ローンは10年あれば返済できる

まずローンの支払いが終えていることという条件を上げましたが、これについて「それって定年間近じゃない?」と思う人もいるはずなので補足しておきます。

僕は25歳の時に2500万円ほどのローンを35年払いで借り入れました。

収入は自分の給料と妻のパート代だけ。

現在3年目を迎えますが、このペースで行けば7年後には完済できます。

実際はもっと早く返せるのですが住宅ローン減税が10年分効果があるので少しのんびり返しています。

月換算だと20万円ほどの返済でしょうか。

ボーナス込みで考えれば大した金額でもないでしょう。

 

今回の2500万のローンは、本気でセミリタイアを目指す人が購入するには高めの価格設定になっていると思います。

中古物件であれば1000万円ほどの物件もごろごろしていますし、中には200万以下で物件を取得する猛者もいます。

住居費なんてこんなところです。

家は消費

知らない人もいると思いますが、建物を買うと消費税が掛かります。

消費に対してかかるのが消費税なので家も消費です。

という屁理屈は置いておいたとしても家が資産となりえる可能性は極めて低いです。

20年で価値がほぼゼロになるとされているので売買による差益の取得にも使えないですし、住居用に購入した家が収益物件として活躍するとは到底思えません。

よくて民泊を開いて小銭を稼ぐぐらいではないでしょうか。

何が言いたいかと言いますと、家を買っても価値がつかないという人が一定数いますが元々家の価値など気にしてもしょうがないということです。

思ったより近所トラブルもない

持ち家のデメリットでその場から身動きできなくなることを上げる人もいます。

確かに家を移動できるわけではないですし、その家を残したまま別の場所に引っ越すのも容易ではないです。

ただ、身動きできないことによるデメリットはあまり存在しません。

家を買うまでで不確定要素として一番怖いのが人間関係です。

特に隣人がやばい人だったらどうしようかと考えてしまうものです。

僕もそうだったのですが、気にしすぎでした。

そもそも友達でもないので交流する機会がないです。

会っても会釈するだけ。

最近は引っ越してきても挨拶にすら行かないという人が増えています。

いい意味でも悪い意味でも昨今は無関心化の波がすごいです。

持ち家のデメリット

自然災害のリスク

自然災害のリスクは考えておかないといけない問題です。

地震や台風、河川氾濫などいつどこで発生するか分かりません。

ただこれを怖がってたら何もできないのでどこかで割り切らないといけません。

火災保険や地震保険に加入しできるだけリスクを低減するようにしておく必要があります。

老朽化の問題

老朽化の問題も上げられます。

家自体は木造でも80年は持つと言われているので何もなければ一生住めます。

ただし長い期間住んでいると多くの箇所でメンテナンスが必要になってきます。

100万円を越えるメンテナンス費用がかかる場合もあるので、コツコツ貯めておくことが重要になります。

計画性を持って準備しておけば、大きな問題にはなりません。

賃貸のデメリット

家賃を払い続ける不安

セミリタイヤ後でも毎月数万円を払い続ける必要があります。

おそらく月々の出費で15万円をこえてしまうのではないかと思います。

パートやアルバイトで食いつなぐには少々無理がある気がします。

家賃の安いワンルームに引っ越して節約するのもいいですが、それでもいつか生活が破綻しないか心配です。

セミリタイヤ後の引っ越しは簡単ではない

賃貸は足が軽いと言いますが、果たしてそれは本当なのか。

若いうちで保証人もちゃんとついてくれているという人であれば問題はないと思いますが、収入が安定しない人はなかなか入居できる賃貸物件が見つかりません。

最近はYoutuberが物件見つからなくて苦労しているという話をいたるところで見かけます。

自分が大家さんをやった場合にフリーターを住まわせたいかと考えたとします。

好印象な人はまずいないのではないでしょうか。

また、高齢になればなるほどその傾向が強くなります。

セミリタイヤすると賃貸でも身動きが取れなくなることはあるので注意です。

まとめ

ということで今回はセミリタイヤするなら持ち家が最強という話でした。

もちろん状況にもよるので一概には言えないですが、大体の人は持ち家が最強になると思います。

セミリタイヤなのでアルバイト等をする前提のリタイヤになりますが、それでも毎月数万円の家賃を払い続けていくのは容易ではないです。

もし若いうちからセミリタイヤを頭に入れているならば、一戸建ての購入を視野に入れお金の準備をしておくことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる