MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

プログラミングスクールをランキング!目的別のおすすめをSEが紹介!

プログラミングスクールっていっぱいあるから結局どれがいいのかよくわからないね。

そうだね。
それがプログラミングの初学者となると余計分からなくなりそう。
この記事でおすすめ紹介してるから見ていって。

現役SEのそらいろです。

今回はおすすめのプログラミングスクールをさらにランキング付けしました。

人により向き不向きもあるので一概に1位のところが良いというわけではないですが、万人受けしやすいかなという観点で並び替えたりしています。

スクールを選ぶ際の判断材料も記載していますので確認の上、自分に合ったものを探してみてください。

さらに詳しく知りたいということであれば個々のスクールの紹介記事も書いていますので、そちらを参照ください。

この記事では下記のような目的別のランキングを作成しています。

目的別の分け方
  • 教養としてもプログラミングを学びたい人向け。
  • ITエンジニアへの転職を希望している人向け。

本記事を参考に、自分に合ったプログラミングスクールを見つけていきましょう!

目次

今回の対象にしたプログラミングスクール

おすすめ対象で比較したプログラミングスクール
  • TECH ACADEMY(テックアカデミー)
  • 侍エンジニア塾
  • TECH CAMP(テックキャンプ)
  • CodeCamp(コードキャンプ)
  • DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)
  • POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

今回は6つのプログラミングスクールを厳選してランキングにしてみました。

どのプログラミングスクールも今話題のスクールばかりなので聞いたことがあるものが多いのではないでしょうか。

一見どれもプログラミングを教えてくれるだけで中身は同じと思いがちですが、比較するといろいろと違うところが見えてきます。

目的別のおすすめを紹介しますので参考にしてください。

教養としてプログラミングを身につけたい方向け

転職目的ではなく単純にプログラミングがどういうものなのか知りたい場合や、現在の業務においてプログラミングの知識を学んでおきたいという人向けのランキングになります。

こんな方におすすめのランキング
  • プログラミングに興味がある。学んでみたい。
  • 仕事でプログラミングの知識を使用する場面が発生した。
  • 自分でアプリケーションを作成してみた。

1位:テックアカデミー

techacademy
テックアカデミーの特徴
  • オンライン形式の学習
  • 現役エンジニアのマンツーマンレッスン
  • 質問は週2回のビデオ通話とチャット機能を使用
  • 学べるコースの数が28コースもあり、一人一人に合ったものを学べる
  • 無料の転職サポートもついてる

プログラミングスクール最大手の一つです。

特徴は学べるコース数の多さにあります。

「Web系」「Java」「スマホアプリ」「WordPress」「Unity」などに始まり、「ブロックチェーン」や「AI」について学べるコースも存在します。

これだけのコースを揃えていることにまず驚きなのですが、それを現役のエンジニアがマンツーマンレッスンをしてくれます。

様々な分野に長けたエンジニアを集められるところに「テックアカデミー」の力の強さが見えてきそうです。

まずは無料体験からどうぞ!

2位:CodeCamp

codecamp
CodeCampの特徴
  • オンライン形式の学習
  • 現役エンジニアのマンツーマンレッスン
  • コスパ最強。2ヶ月で20万円
  • コース数は5つ。すべてのコースを好きなだけ学べるプレミアムプランもあり。
  • 法人研修で300社以上に選ばれた実績あり

2位に位置付けたのは「CodeCamp」です。

正直なところ同率1位でもいいのですが、ランキングなので順位を付けました。笑

コース数は5つなのですが、「Web系」「Java」「Ruby」など最近のトレンドに沿った技術は網羅されている印象です。

アピールポイントは法人研修で300社以上に導入されている点です。

企業が選ぶほどに優れた学習ができるということなので、信頼性の裏付けにもなっています。

1つ注意点としては、ビデオ通話でのサポートには回数制限があるということです。

チャット質問についてもオプション費用が掛かるので、質問の回数が多くなりそうと考えている人は一度考えた方がよいかもしれません。

無料体験レッスンがあるので確認してみてください。

3位:侍エンジニア塾

samuraiengineer
侍エンジニア塾の特徴
  • 基本オンライン形式(対面形式も場合により可)
  • 現役エンジニアのマンツーマンレッスン
  • オーダーメイドのカリキュラムが作成される
  • オリジナルアプリの開発に力を入れられる

最後は「侍エンジニア塾」です。

このプログラミングスクールでも現役エンジニアによるマンツーマンレッスンを受けることができます。

特徴はオーダーメイドのカリキュラムを作成してもらえる点です。

大抵のスクールでは、決まったカリキュラムを通して皆一様に似た成果物を仕上げます。

「侍エンジニア塾」では、オーダーメイドでカリキュラムを作成してもらえるので自分にあった最適な学習を受けることができます。

またそのカリキュラムの大半の時間をオリジナルアプリ開発に割くようになるので、より実践的な学習を早い段階から行えます。

懸念事項として挙げられるのが、過去に炎上騒動を起こしていることです。

ただし今では改善されよいプログラミングスクールになっているので問題ありません。

無料体験を受けれるので是非参考にしてみてください。

ITエンジニアに転職したい人向け

ITエンジニアへの転職やフリーランスとして活動したい人は、転職サポートなどの充実度がプログラミングスクールの決め手になってきます。

優良なプログラミングスクールをランキングにしたので参考にしてください。

こんな方にお勧めのランキング
  • ITエンジニアになりたい。
  • 転職サポート込みのスクールに通いたい。
  • 優良企業に転職したい。

1位:テックキャンプ

techcamp
テックキャンプの特徴
  • 転職成功率は99%。
  • 転職失敗で全額返金保証制度を導入。
  • 10週間~半年で転職までの道が開ける。
  • 教材の分かりやすさで定評。
  • 30代でも転職コースに参加可能。
  • 自社開発の企業への内定が大半を占める。

転職系プログラミングスクールと言えば、まず「テックキャンプ」が思いつきます。

転職成功率は99%を誇るのでほぼ確実に転職可能です。

しかも30代でも転職コースに参加することができます。

通常の転職型プログラミングスクールは30代の参加を断っているところが多いです。

30を越えている人が選ぶとすれば「テックキャンプ」でまず間違いないです。

また転職失敗時の全額返金保証もあるので安心です。

無料のキャリアカウンセリングはこちら!

2位:DMM WEBCAMP

dmmwebcamp
DMM WEBCAMPの特徴
  • 転職成功率98%。
  • 転職後離職率1%。
  • 転職失敗で全額返金保証。
  • 転職成功なら最大56万円のキャッシュバックも。
  • 履歴書添削、面接対策など転職支援もばっちり。

2番手につけたのは「DMM WEBCAMP」です。

おすすめする点は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定されたコースがあるということ。

このコースを受講すると条件により、転職成功で最大56万円のキャッシュバックを得ることができます。

ちなみに転職失敗なら全額返金保証されます。

COMMITコースであれば、チーム開発も学べるので実践に役立つスキルも身につきます。

無料カウンセリングはこちらになります。

平日もフルタイムで勉強できる人は「COMMITコース」、仕事や介護などしながらの勉強は「PROコース」になります。

3位:ポテパンキャンプ

potepancamp
ポテパンキャンプの特徴
  • Web系のエンジニアになりたい人向け。
  • RubyonRailsを使用する自社開発企業への転職が多い。
  • インフラ周りの知識や仕事の進め方もカリキュラムに含まれる。
  • 現役エンジニアからは制作課題のレビューをしてもらえる。

最後は「ポテパンキャンプ」になります。

5か月ほどの勉強でWeb系エンジニアになれるカリキュラムをメインにしています。

最短2ヶ月とかではなくじっくり確実な知識を時間かけて教えてもらえるので、初学者にも安心のスクールになっています。

質問の仕方は「掲示板」「チャット」「ビデオ通話」と3種類も用意されているので分からなければすぐに聞けるという環境も人気のポイントです。

無料相談はこちらから!

まとめ

ということでSEが紹介するおすすめプログラミングスクールでした。

基本的に無料カウンセリングや無料相談といった窓口を用意しているプログラミングスクールが多いのでまずは聞いてみることをお勧めします。

ネットで評判を検索しても限界はあるので、、

まず聞いて、それから調べるという順でも問題なしです。

というよりその方が時間の無駄が発生しなくていいです。

せっかくプログラミングを学ぼうと思っているところだと思うので、ぜひその勢いで使いこなせるようになりましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる