MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

【資産を築く】お金を稼ぐ一番シンプルな方法【手駒を増やせ!】

お金ほしいなあ、、
どうすればいいんだろ?

どうすればいいかは分からないけど、資産を増やすのがいいって聞いたことあるよ。

どうもこんにちは、まだまだお金が欲しいそらいろです。

お金を稼ぐ方法にもいくつか方法はありますが、一番堅実な方法は資産を持つことだと考えます。

もともと資産は会計用語なので調べると難しい説明が大量に出てくるのですが、今回の話の中で使う資産はとてもシンプルな内容です。

資産とは「自動でお金を生んでくれるもの」です。

とてもシンプルですよね。笑

お金を生んでくれるものを増やしていけば雪だるま式に毎月入ってくるお金も増えていくのでお金を稼げるという状態に持っていけるというわけです。

目次

資産の定義を再確認する

まず資産の定義から確認していきましょう。

有名な質問があるのですがあなたはどのような回答をするでしょうか。

持ち家は資産か?それとも負債か?

資産の定義ですが、導入部でも話しました通り「自動でお金を生み出すことができるもの」です。

逆に負債はというと「自動でお金をどんどん使ってしまうもの」です。

資産と負債
  • 資産:自動でお金を生み出すことができるもの
  • 負債:自動でお金をどんどん使ってしまうもの

資産としての持ち家はローン残高がなく一定の収益を生み出すことができている状態です。

例えば空き部屋を倉庫として貸し出す「モノオク」などは気軽に始められる収益化の一つです。

他には駐車場を貸し出したり、民泊を行ったりできますね。

負債としての持ち家はもちろんローン返済が残っている状態です。

住宅用途でローンを借りている間は上記の収益化を行うことができません。

常にお金が減っていく状態と言って間違いないでしょう。

資産がなければ勝負できない

上記の内容で資産の定義について確認できたかと思います。

資産は「お金を生み出すことができるもの」でしたね。

資産を増やせばそれだけお金を生み出すことができるようになっていきます。

では、あなたは今いくつ資産を持っていますでしょうか?

あなたは資産をいくつ持っているか

自分自身をお金を生み出すことができるものとするならば、大抵の人は1つしか持っていないのではないでしょうか。

自分が労働力となって給料を稼いでいる状態ですね。

ここでの問題点が2つあります。

問題点
  • 資産が少なすぎる。
  • 人という資産が不確実すぎる。

1つしか資産を持っていない場合は「資産が少なすぎる」と言えます。

資産が少ないためにお金を生み出す力がとても弱い状態なのです。

自分という資産を除いて、資産を1つ2つ持っているのが理想形です。

 

自分しか稼げるものがない場合は「人という資産が不確実すぎる」という問題点もあります。

もしあなたが仕事を嫌になって辞めてしまったら、もしあなたが病気になって仕事を続けられなくなってしまったら、、

その時はどこから収益が発生するのでしょうか。

答えは簡単で一切収益は発生しなくなります。

人という資産の欠点は置き換えが難しいところにあると考えています。

人以外の資産を持てるように努力することが大切です。

資産が一つであることに危機感を感じろ

今、自分以外の資産がないということであればいぎりぎりの勝負をしていることを自覚するようにしましょう。

一歩でも踏み外さばあなたの収入は無くなってしまいます。

これが別で収益を生み出してくれるシステムがあれば話は異なります。

定期的にメンテナンスを施してあげれば、その資産は永久にお金を生み出してくれることでしょう。

収入源が一つというのは怖いことだね。
一つダメになってしまっただけで生活に関わってくる問題になってしまう。

お金を増やしたいなら持ち駒を増やせ

まずは持ち駒(資産)を増やすようにしましょう。

初期投資にお金がかかる資産を最初から求めるのはリスクが高いです。

できれば低価格で始められるのがベストです。

1つ持ち駒を増やせたら2つ目3つ目と増やしていきます。

気づけばお金を生み出す力が2倍3倍にも膨れ上がっているはずです。

そうなって初めて不動産などの高額商品に手を出していけるようになります。

まずは戦略的に持ち駒を増やすことです。

持ち駒の一つがダメになってしまっても他の資産が稼いでくれるので影響はほぼないという状態が作れればベストです。

自動でお金を生み出す資産をいくつか持ってるとその資金を元に別の資産が買えることになるね。

資産の代表例

会社

会社はお金を生みやすい資産の一つです。

マネジメントスキルが必要なため万人にお勧めできるものではないです。

赤字経営になってしまうと負債になってしまうので注意ですね。

不動産

大定番の不動産です。

アパート/マンション経営や駐車場経営などが対象になります。

ネックになるのは初期投資の高さですね。

失敗した際のリスクも大きいので、なるべく初期の段階は関わりたくない資産です。

著作権

創作物を作成するのが得意という方であれば、著作権を持つことも立派な資産です。

音楽であれば、使用料という形でお金を受け取れるなどですね。

問題なのは技術力と知識がなければ、どうにもできない点です。

少なくとも僕には難しいのでできる方がうらやましいです。

YouTube

今時の資産の一つにYoutubeがあります。

Youtube!?と思った人もいるかと思いますが、資産の一つであると考えます。

理由としては過去動画が再生される限り、自分が動く必要なく広告費が入ってくるからです。

投稿した動画がどんどん資産になっていくというのはすごいことですね。

ネックなのは有名にならなければ再生数も伸びないですし、広告も付けれないので収益も上げられないところです。

初期投資は15万もあればパソコンを用意して編集ソフトも用意できます。

ブログ

ブログも資産の一つに含められるかと思います。

個人的に挑戦しているものになります。

Youtube同様に過去投稿した記事から集客できるので仕組みが構築できれば不労所得も夢ではないです。

初期投資は極論無料でも始められますが、少しお金をかけて始めた方がいいです。(体験談)

おすすめの環境等ブログに書いているので探してみてください。

株式投資

株や投資信託についても資産として分類できます。

他の資産と比べて即金性があるので市場をうまく分析できる人にはお勧めの方法です。

基本的には長期投資を意識するようにしましょう。

デイトレやスイングは投資ではないので資産という観点ではよくないです。

まとめ

今回は資産を増やしてお金を稼ごうというテーマを記事にしました。

お金を稼げるものがないかなという視点で考えるのではなく、どういった資産を作ろうかなという視点に切り替えると見える景色が変わってきます。

僕自身もまとめていく中で気づきもあったので、参考になるのではないかなと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる