MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

Webプログラミングの基礎が学べるおすすめ参考書を紹介【現役エンジニア推薦本】

いろいろ学習サービスはあるけど、やっぱり参考書で勉強したい!

今回はWebページを開発する際に主に使われる、「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」「Ruby」についておすすめ参考書を紹介していきます。

紹介する参考書の言語
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
目次

HTML/CSSのおすすめ参考書【1択】

HTML/CSSとは
HTML

Webページの表示を行う言語。これがないと何も表示できない。

CSS

HTMLの表示に背景色などの装飾を付けたり、レイアウトを調整する言語。

HTML/CSSは一心同体のようなものなので、同時に勉強ができる参考書を選ぶのが正解です。

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

とりあえずこれを読んでおけば大丈夫と言う良書。

HTMLとCSSは学べるのは当然ですが、Webデザインまで含まれているということで実際に使用する場面を見据えた勉強ができます。

Amazonレビュー

他のhtml/cssの参考書も3冊ほど持っていて、progateやudemyの講座も受けていますが、これ一冊あれば入門には充分です。

今後、当該分野にてフリーランスを目指そうとしておられる方々の最初の1冊として、間違いなく本書はおすすめです。

JavaScriptのおすすめ参考書【1択】

JavsScriptとは

Webページの動作部分を記述できる言語。

「HTML」「CSS」だけでは絵を描いただけで機能がないので、JavaScriptで制御できるようにします。

JavaScriptは入門者には何をやっているものかイメージしにくい言語ですが、学習の中でWebページには必須のものと理解できます。

確かな力が身につくJavaScript「超」入門

確かな力が身につくJavaScript「超」入門

JavaScriptの体系が分かりやすく学べる入門書の決定版です。

文字も大きくカラフルなので見やすいのでおすすめです。

当然ですが「HTML」「CSS」の理解が前提になるので、「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」で勉強していると学習がスムーズに進みます。

Amazonレビュー

今までに何冊ものJavascript本に触れましたが、入門書としてはこれがベスト。
今からJavascript勉強するぞ、という方はまずこの本の内容を全て頭に叩き込みましょう。

仕事で必要になりそうだと言う事で購入しました。
内容もわかりやすく買って良かったと思いました!

PHPのおすすめ参考書

PHPとは

HTMLを動的に生成したりデータベースとの連携に使用します。

RubyOnRailsとだいたい同じ位置づけの言語になります。

PHPの説明はサーバー側の話になってくるので入門者向けに端的に伝えるのが難しいです。(通信が発生する系の動作は基本的にサーバー側範疇です。Twitterのツイートなど。)

サーバー側の言語は選択肢が多くあるので言語選びが重要になりますが、圧倒的に使用率が高いのが「PHP」になりますので、最初の言語としては適切だと思います。

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

気づけばプロ並みPHP 改訂版--ゼロから作れる人になる!

実際に作って学べるPHPの入門書。

データベースとの連携部分も学習できるため、応用が利くようになります。

パラパラとみて難しいなと感じた人は下記の参考書から入るのもおすすめです。

Amazonレビュー

PHPの勉強のために購入しました。
この本ではECサイトを作りながらPHPを学ぶ形になるのですが、ECサイトの制作でPHPの実践的な使用方法は一通り学べます!

初心者には行き詰まる点が多々ありますがそもそもプログラミングを本で初心者が学ぶのは敷居が高いです。
しかしあらゆる本の中でも1番初心者が行き詰まる回数の少ない本だと思います。

独習PHP 第4版

独習PHP 第4版

PHPを勉強してさらに細かいところまで理解したいと思った人向けの参考書になります。

リファレンス的な要素が強くなるので、プログラミング自体が初めてという方には厳しいですが、さらに理解を深めたいときに使用する良書になります。

Amazonレビュー

全体的に文章がとても丁寧で、優しく語りかけているような表現で、とても理解しやすいです。

タイトルの通り各章の説明が非常に丁寧です。
トランザクションやカプセル化など初心者が「?」と思いそうなところには必ず図が付いていますので安心して読めます。

Rubyのおすすめ参考書

Rubyとは

PHPと同様にサーバー側の処理を記述できる言語。

Web系のスタートアップ企業では割と多く使われています。

Rubyは「RubyOnRails」というフレームワークが有名で、大抵これを使用してWebサイトを構築していきます。

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

Rubyの基礎を叩き込むには最適な良書。

読みづらいプログラミング用語にふりがなが付いているため、間違った読み方で覚えてしまう心配がない部分でも安心できます。

シリーズ化されており、他の言語でもふりがなプログラミングは出ていますのでこれを読んで分かりやすいと思ったら、他の言語でも購入してみることをお勧めします。

Amazonレビュー

プログラミング関係の書籍で、最後まで読破できたのはこれが初めてです。
本当の初歩から開始して、最後はRuby on Railsのさわりの部分まで、
途中で投げ出さずに導いてもらえました。

RUBYがうまくインストールできないという一番最初の部分でつまづいた自分には最適の本でした。カラーで読みやすい。RUBYのインストールからしっかりと書かれている。

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで Software Design plus

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで Software Design plus

その名の通り「プロを目指す人」向けの中上級者向けの参考書になります。

スクリプト言語ではあるものの、簡単に書かれた入門書では端から端まで説明されていないものがほとんとです。

理解度を深めるために、このような入門書の先の本も読むことをお勧めします。

Amazonレビュー

基本的なところから、テスト、オブジェクトまでわかりやすく、説明されている。
素人でも、順をおっていけば、プロレベルの理解まで進めるのがいいところ。

簡単なプログラムを作ったことがある人が、次のステップに正しく進むにはとてもいいと思います。
Rubyを勉強している人以外でも、PythonでもPHPでも、ソフトウェアの作り方の体系がこの本に書いてるので、勉強して損はないと思います。

まとめ

今回はWebサイトを構築するのに役立つ参考書を紹介しました。

「Progate」などの学習ツールや動画での説明も多くなってきたプログラミング学習ですが、やはり知識の多さでは参考書がダントツだと言えます。

さらにステップアップしたい人は参考書でさらに学習を積むことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる