MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
当ブログのおすすめテーマはこちら!

【おすすめ】20代のうちにやっておくべき自己投資は6選を紹介!30代で後悔しても遅い!

今回は20代のうちにやっておくべき自己投資について紹介していきたいと思います。

皆さんは自分に投資していますでしょうか?

社会人になると勉強する機会が減ってしまってなかなか自分に投資できないですよね。

ただ自己投資は絶対にやった方が良いです。

20代ならなおさらだと思います。

未来の自分への投資だったり、この先の不安解消の一つになります。

僕も今は20代なので一緒に勉強を頑張っていきましょう!

目次

そもそも20代で自己投資を行う理由

20代は成人だけどまだまだ未熟

20代は大人ではあるけれどまだまだ未熟な状態です。

勉強するのは知識が身についていない子供だけと考えがちですが、僕たち大人も大概にして多くの知識を持っているわけではないです。

特に20代は仕事にも慣れ始めたばかりという段階で仕事のミスも多いですね。

この20代に「とりあえず会社に行って給料もらっていればいいやと考えている人」と、「自分はまだまだ未熟だからいっぱい勉強しなければいけないと思う人」では雲泥の差があります。

20代のうちはまだまだ未熟者であることを理解し、そこで成長を止めてしまわないようにするべきです。

時間もお金も余っている

20代は時間もお金も余っています

もう少し経つと家庭を持って子供を持つ人が多くなると思います。

そうなってくるとなかなか自分の時間を捻出したり、好きなものを買ったりというのが難しくなってきます。

今自由に動ける期間に自己投資を行っておくことは、とても有意義な時間とお金の使い方であることは間違いないです。

現時点で残業が多くて時間がないし、給料が低くてお金もないという人がいるかもしれません。

ですが、あなたが30代になれば時間やお金は作れるのでしょうか。

おそらく責任のある仕事が入ってきてさらにきつくなり、家庭を持つことで自由なお金も無くなってしまうことだと思います。

やるなら今しかないです。

人生100年時代の生き方が決まる年代

人の寿命はどんどん延び、現在は人生100年時代と呼ばれるほどに長生きする人が増えました。

30代まで生きれるか分からなかった江戸時代以前とは話が異なります。

20代の僕たちはまだ人生の半分も歩んでいません。

ここですべてを学んだと考え、達観してしまうのは早計すぎです。

将来への自己投資が20歳までの間で終わってしまうのはもったいないです。

未来の自分のために自己投資を行うようにしましょう。

20代のうちにやっておくべき自己投資6選はこれ!

お金に関する教養を身に着ける

まずはお金に関する教養を身に着けるようにしましょう。

お金に関する教養を「マネーリテラシー」と呼ぶのですが、これを勉強せずに大人になる人が多いです。

もちろん学校ではお金に関する授業はないので自主的に学んでいないと「マネーリテラシー」は身についていません。

下記の「マネーリテラシー」は最低限持っておきましょう。

マネーリテラシーの確認項目
  • 税金についての知識があるか。また様々ある控除条件を最大限生かせているか。
  • 悪くない借金があることを知っているか。
  • 複利とは何かを知っているか。
  • 貯金と投資への資金振り分けを最適化できているか。
  • 自分にとってその保険が必要か不必要か判断できるか。
  • 年金が減額されることに危機感を抱いていないか。
  • 老後までの支出を把握できているか。

まずは税金や補助金などの知識はつけるようにした方がよいです。

税金は無理やりでも取られますが、補助金などは申請しなければもらえないものばかりです。

税金も控除条件を知っているだけで大きく得をすることができます。

この二つの知識を学ぶだけでお金に余裕ができるケースがよくあります。

次点でライフプランの設計です。

いついくらお金を使うから老後までにいくら貯めておけばいいということを把握します。

老後の資金が全く足りないようであれば、投資を考える必要もあります。

株式投資をやってみる

「マネーリテラシー」の話をしましたが、株式投資をやることでさらにお金に対する教養を身に着けることができます

株式投資が怖いという人は投資信託でも問題ありません。

最近は「つみたてNISA」というものもありほぼノーリスクで投資を行えます。

株式投資の種類
  • 一般的な株取引:株式を個人で購入する。知識がないとハイリスク。
  • 投資信託:プロに株式を運用してもらう。知識がなくてもローリスク。

株式投資を行うと見えてくるものは経済の動きです。

今は好況なのか不況なのか、どこの会社または国が勢いあるのか、そういったことが手に取るように分かります。

ここで「私には関係ない。目の前の仕事をこなすだけ」と考えている人もいるかと思います。

ここで重要なのは現時点の情勢ではなく、そこから分かる未来の情勢です。

これからの時代どう移り変わっていくのかを自分で判断し、早くから行動を開始することが大切です。

資格取得の勉強をする

自分のスキル向上のため資格取得を行うようにしましょう。

若いうちから様々なスキルを積み上げることで、基礎をしっかりと作って成長していくことができます。

また、転職をする場合などにも役立ちます。

どこの誰かもわからない人を採用する場合に、一定の知識量を証明する資格があれば信頼してもらいやすくなります。

場合によっては権威性に繋がる資格もあるので自分のためになると思った資格はどんどん身に着けていきましょう。

人によっておすすめの資格は異なりますが、万人受けする資格を書きに紹介しておきます。

おすすめの資格
  • 簿記検定
  • FP
  • 情報処理技術者試験

初めての人とどんどん交流する

学生の間は見ず知らずの人と接する機会が多かったのですが、社会人になると新しい交友関係ができることが少なくなります。

情報や気持ちというのは人から人へ伝達されるものなので、交友関係が狭まってしまうのはもったいないです。

様々な考え方に触れることで自分の立ち位置も確立させることができます。

自分一人で考えていては見えない世界が多くあるのでどんどん人と交流し、意見交換をしていくべきだと思います。

ブログを始めてみる

ブログを始めてみることをお勧めします。

ブログを始めることで知識量が爆発的に増えます

できれば毎日更新で知識のアウトプットをするブログがおすすめです。

日記のようなブログでない限り、毎日更新を行っていれば一月ほどでネタ切れになります。

それでも続けようとすると、知っているけど説明ができないような中途半端な知識が題材になってくるはずです。

そういった知識をアウトプットすることで中途半端な知識も説明ができる知識に変化させることができます。

どんどん知識が増えていくのでブログは個人的に超おすすめのコンテンツです。

初心者がブログを始めた理由という記事も書いているので是非読んでもらえると嬉しいです。

なんでも挑戦をする

最後はなんでも挑戦するようにしましょうというお話です。

結局のところ頭で考えていてもやってみないことには良く分かりません。

はじめのうちは失敗することも多々あると思います。

ただし失敗は歳を重ねるごとにリスクを増していきます。

20代のうちに様々なことに挑戦し失敗することで多くの知識を身に着けるようにしましょう。

まとめ

今回は20代のうちにやっておくべき自己投資について紹介しました。

20代はまだまだ未熟で先の長い年代です。

未来の自分への投資と考えて行動することが大切です。

まずは挑戦。

何事にも貪欲にチャレンジし知識を吸収するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる