MENU
そらいろ
SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。
WordPressテーマ「SWELL」の記事まとめ ⇒ SWELL

【ONE PIECE考察】能力者が世界を制することはない?1047話で発覚。ロジャーは能力者ではなかった。

1週間休載を挟んだのでいつも以上に楽しみにしていましたが、やっぱり期待を裏切らず面白かったですね。

次話は流石に決着しそうな勢いですが、次はジャンプが合併号と言うことでまた2週間後に楽しみが延期。

中々進まないですがその分考察界の熱も続くので良いのか悪いのかと言った感じです。

今回は新情報も出てきたのでその辺りまとめていきたいと思います。

※他の人の考察をすべて見切れているわけではないので、もしかしたら既出のものもあるかもしれないです。そこは許してください。

目次

ゴール・D・ロジャーは能力者ではなかった

1047話において一番の衝撃はロジャーが能力者ではなかったという事実ではないでしょうか。

カイドウの発言から分かったことなのでカイドウの勘違い説も0ではないですが、あえて描いたということは事実として捉えてよいと思います。

ロジャーはゴムゴムの実を食べた説がずっと有力視されていたので、考察も見直さないといけないですね。

能力者が世界を制することはない。とはどういうことか

まず考えていきたいのはカイドウの下記のセリフです。

能力者が世界を制することはない!!!
世の中はうまくできてる
ロジャーが能力者じゃなかったように・・・!!!
覇気だけが!!!
全てを凌駕する!!!

ONE PIECE 1047話

自分も幹部もみんな能力者ですし、SMILEで能力者軍団を作っていたカイドウの発言とは思えないですよね。笑

おそらく言いたいことは「能力に頼り切っているだけのやつには世界を獲れない。ロジャーは覇気だけで登りつめたんだ。」という感じでしょうか。

確かに覇気によって能力が封じ込められている描写は多々あるので、間違いではないのでしょう。

ただ気になるのは、「世の中はうまくできている」という内容です。

単純に最強の悪魔の実を食べてる相手にも勝つ手段が用意されているという意味なのか、はたまた悪魔の実と覇気のまだ描かれていない関係性についてうまく出来ているということなのか。

悪魔の実と覇気の本質についてはまた別途考えていきたいですが、何か裏がありそうな気がしています。

また「能力者が世界を制することはない」と言う発言は、黒ひげの能力者狩りとリンクしていそうです。

ルフィ対黒ひげが描かれるのであれば、圧倒的な悪魔の実の能力で攻める黒ひげを覇気で制するルフィと言うのが見れるかもしれません。

ロジャーが能力者ではなかったことから生まれる疑問

ルフィとロジャーの共通点として、共に天候に助けられたことがあるというのは考察界隈では有名な話です。

ルフィはローグタウンでバギーによって首を落とされそうになった際に雷が落下し助かっています。またそこから海軍の追手を巻く際にも嵐が発生し、ルフィたちに都合のよい風が吹いています。

ロジャーはというと、0巻で描かれたエッド・ウォーの海戦において、金獅子のシキとの圧倒的な戦力差を天候に救われたことにより引き分けまで持ち込ませました。

この天候に救われるという点を、「ヒトヒトの実幻獣種モデルニカ」の隠された能力によるものと考えていましたが、ロジャーが能力者ではないと分かった今、この説は消えることになります。

悪魔の実以外の共通点でいえば、下記が候補にあがってきます。

ルフィとロジャーの共通点
  • Dの一族
  • 万物の声が聞こえる
  • 麦わら帽子

数奇な運命を辿るDの一族であれば天候と何か関係がある可能性もありますが、ロジャーとルフィ以外に天候に関する描写がないという点で可能性は低そうです。(エースやサウロの最後に天候が味方するはずですからね。)

万物の声を聞く力については謎の部分が多いですが、基本的には聞く力と言われている通り、相手からの一方的な意思を受け取る能力だと思われます。一部モモの助やしらほしのように意思疎通を図ることができる者もいますが、万物の声と同等の能力なのか全く異なる能力なのかと言うのは作中では語られていません。

モモの助などのようにルフィやロジャーも意思を伝えることが出来ていたとしたら、天候に対して無意識的に助けを呼んだ可能性も0ではなさそうです。

麦わら帽子についてはパンゲア城に置かれている描写があるので何かしら意味があると思われますが、詳細は不明です。麦わら帽子が天候を味方につけるマジックアイテムだった説も可能性としては捨てきれないです。

やっぱりニカルフィは雷を掴んでた

1046話の最後でルフィが雷を掴んでいるように見えましたが、本当につかんでいたようです。

技名は「ゴムゴムの雷」ということでそのままでした。笑

少し気になったのは雷を投げる際にバリバリと言う効果音とゴロゴロという効果音が合わさっているように見えた点です。

バリバリ音は覇気の発生時にも鳴ることがあるので、雷自体がルフィの覇気である可能性も出てきたのではないでしょうか。

覇気の究極が雷化だとしたら、カイドウの覇気が静電気レベルに見えてきますね。笑

雷が能力によるものではないとカイドウが気づいた時、「覇気だけが!!!全てを凌駕する!!!」と言う発言がフリになることもありそうです。

1046話時点で雷描写からゼウスとの因果関係も考えています。こちらも面白いと思いますので是非見ていってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

そらいろのアバター そらいろ 管理人

SEとして7年の経験があるそこそこのエンジニア。
スキルセット:C#/VB.net/HTML/CSS/JavaScript/PHP
DB:Oracle/SQLServer他etc
専門はWebアプリケーション。データ分析やRPAにも精通。

目次
目次
閉じる